時計はサラリーマン男性の必須アイテム

時計はサラリーマン男性にとって必須アイテムです

時計はサラリーマン男性の必須アイテム
私は20代サラリーマンの男子です。地方の中小IT企業でシステムエンジニアをしています。毎日スーツでの出勤のため、身だしなみには人一倍気をつけているつもりです。スーツも夏、冬ともに5着以上を着まわしています。また、靴は3足をローテーションで使っています。スーツ、靴ともに一流ブランドのものを着ています。まだ社会人になって数年のため、初期投資はかなりかかりました。しかし、最初に良い物を買ったお陰で、ローテーションによる痛みも少なく、とても快適に仕事ができています。職種柄、お客様と接する機会も多くありますが、どのお客様からも第一印象をお褒め頂くことが多くあります。これも身だしなみに気を使っているお陰かなと思っています。

スーツと靴以外にこだわっているものは時計です。社会人になりたてのころは、時計なんていらない、携帯電話で時間を確認すれば事足りるだろうと思っていました。実際に社会人1年目は時計をしていませんでした。しかし、お客様とお話をしたり、他社の社員を見たりすると、仕事ができる人は必ずと言っていいほど、時計をしていました。しかも、安物の時計ではなく、しっかりとした一流のものでした。これをきっかけに私ももつことにしました。初めは特に便利だとか感じませんでしたが、ずっと着けていると、もう今ではなくてはならないものです。時間を気にするようになったことも事実です。

サラリーマンの必須アイテムだと感じています。